JYCフォーラムは自分らしく暮らしていける社会を目指した「若者」に携わる実践者のネットワーク団体です。

共同代表あいさつ

山本耕平  立命館大学

私は、地域精神保健福祉の現場に身をおくとき、社会的ひきこもり者やその家族が抱える生活問題と向き合い始めました。JYCの前身である社会的ひきこもり全国連絡会を結成したのは、その頃です。今日、福祉の現場では、ひきこもりを中心とする若者問題と向き合う時、新自由主義的価値観と対峙することが求められます。新自由主義的価値観は、ひきこもり者や困難を有する若者の課題を個人の責任に求めます。そして、個人や家族の能力や努力不足の為に、その問題があると迫ります。

私たちは、実践のなかで、ひきこもり者や困難を有する若者の生活問題を解決する責任は国にあることを確信してきました。私たちが、今日直面している深刻な課題である8050問題にしてもそうです。ひきこもりが深刻化してきた1990年代初期以降、相談体制の充実は行ったものの、彼や彼女たち、さらに家族の生活問題を公的に解決する明確な施策が示されてきていません。自助や相互扶助を強める新自由主義的政策が強まるなかで、ひきこもりを主とする若者の生活問題が、より深刻化しているのではないでしょうか。

JYCは、若者の生活問題に対峙し、彼や彼女が意味ある人生を送ることを公的に保障される方法・制度・政策が充実されることを目指し、研究・運動を進めてまいります。

**********************************************

古村伸宏 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会

「若者協同実践」という言葉には、長年の実践の格闘の中から見出された、人間と社会の相互発達(発展)のあり方を探求しようとする、含蓄深い響きがあります。それは、ワーカーズコープが長年探求し辿り着いた「協同労働」という、人間的な働き方の実践と呼応します。人が生き働くことは、絶えず社会とのあり方、言い換えれば他者との関係を抜きに語れません。しかし、様々な分断によってひび割れた今の社会を生きることは、孤独や孤立に覆われています。その中で、「協同」の持つ本質的価値を実践の中から問い直そうとするJYCは、「つながる意味」と「つながり方」を編み出す実践集団であり、「人間とは」「社会とは」という根源を見出す運動体です。そして、自己と他者の関係に大きな葛藤を抱える「若者期」を焦点とした実践は、誰もが人間として生きる社会のあり方を示す普遍性を持つでしょう。JYCは「共に生きる」ことを真正面に据えた実践的な探求者の集いであり、その問いを全世代・全社会のテーマと切り結び、誰もが多様で豊かな関係の中から、生きる営みの主権性を取り戻そうとする、社会創造の実践者です。

 

 

PAGETOP
Copyright © JYCフォーラム All Rights Reserved.